ANNIHILATOR 1stアルバム「ALICE IN HELL」

ハヤブサギター ANNIHILATOR

<収録曲>
1. Crystal Ann
2. Alison Hell
3. W.T.Y.D.
4. Wicked Mystic

5. Burns Like A Buzzsaw Blade
6. Word Salad
7. Schizos (Are Never Alone) Parts I & II

8. Ligeia
9. Human Insecticide

ALICE IN HELL / NEVER, NEVERLAND
<収録曲>
Disc 1
1. Crystal Ann
2. Alison Hell
3. W.T.Y.D.
4. Wicked Mystic

5. Burns Like A Buzzsaw Blade
6. Word Salad
7. Schizos (Are Never Alone) Parts I & II

8. Ligeia
9. Human Insecticide

10. Powerdrain (Demo)
11. Schizos (Are Never Alone) Parts I & II (Demo)
12. Ligeia (Demo)


Disc 2
1. The Fun Palace
2. Road To Ruin
3. Sixes And Sevens
4. Stonewall
5. Never, Neverland
6. Imperiled Eyes
7. Kraf Dinner
8. Phantasmagoria
9. Reduced To Ash
10. I Am In Command
11. Kraf Dinner (Demo)
12. Mayhem (Demo of “Reduced To Ash”)
13. Freed From The Pit (Demo of “Road To Ruin”)

<ラインナップ>
Randy Rampage / Vocals
Jeff Waters / Guitars, Bass, Vocals (backing)
Ray Hartmann / Drums

<レビュー>
カナダのスラッシュ・メタルバンド、アナイアレイターの1stアルバム。
1989年リリース。

アコースティックギターによるメロディアスなインストで幕を開け、このアルバムの私的ベスト・チューンAlison Hell” へと続きます。
独特なリフや展開を持つテクニカルなスラッシュ・メタルがアナイアレイター(=ジェフ・ウォーターズ)の最大の特徴ですが、その魅力が詰まっていると思います。ランディ・ランペイジのヴォーカルも相まって、ホラー映画のような怪しい雰囲気も楽しめます。

W.T.Y.D.” はテクニカルでありながらノレるリフを軸に程よく疾走。中盤のインストパートも印象的。ちなみに曲名は “Welcome To Your Death” の略。

Wicked Mystic” は細かく刻むリフとギターソロが良いです。

Word Salad” はヘヴィなリフもありながらどこかコミカルというか、少し明るい雰囲気も感じられる曲。中盤と終盤のインストパートも聴きどころ。

Human Insecticide” は本作で最も速さを感じる曲。高速でリフを刻みます。

ちなみに私は「ALICE IN HELL / NEVER, NEVERLAND」の2枚組を持っています。そちらにはボーナス・トラックとして3曲ずつデモ音源が収録されています。
そのうちの1曲 “Powerdrain” は後に7thアルバム「CRITERIA FOR A BLACK WIDOW」に収録されている “Sonic Homicide” に生まれ変わります。

タイトルとURLをコピーしました