ANNIHILATOR 4thアルバム「KING OF THE KILL」

ハヤブサギター ANNIHILATOR

<収録曲>
1. The Box
2. King Of The Kill
3. Annihilator
4. Bad Child
5. Only Be Lonely
6. 21
7. Bliss
8. Second To None
9. Hell Is A War
10. Speed

11. In The Blood
12. Catch the Wind
13. Fiasco (The Slate)

14. Fiasco

<ラインナップ>
Jeff Waters / Vocals, Guitars, Bass
Randy Black / Drums

<レビュー>
カナダのスラッシュ・メタルバンド、アナイアレイターの4thアルバム。
1994年リリース。

ドラマーが後にPRIMAL FEARに加入するランディ・ブラックにチェンジ。ドラム以外はジェフ・ウォーターズが務めました。

本作はオープニング・チューンの “The Box” で期待感を高め、このアルバムの私的ベスト・チューンである “King Of The Kill” へと続きます。程よい疾走感とキャッチーな歌メロ、そしてなにより即効性と中毒性のあるギターのリフがかっこいいです。

バンド名を冠した “Annihilator” はミドルテンポでヘヴィなリフ主体の曲。

Only Be Lonely” はボーナス・トラック。メロディアスなバラード。

Second To None” はリフ主体で疾走感のある曲ですが、中盤のメロディアスなパートも聴きどころ。

Catch the Wind” は美しいギターの音色とメロディが印象的なインスト。

最後はアグレッシヴなリフと明るいノリの疾走曲 “Fiasco” で締めます。

メロディ重視だった前作「SET THE WORLD ON FIRE」に比べ、アグレッシヴなリフを主体とした曲が増えました。

タイトルとURLをコピーしました