HIBRIA 4thアルバム「SILENT REVENGE」

ハヤブサギター HIBRIA
楽天ブックス
¥2,277 (2024/04/25 18:12時点 | 楽天市場調べ)

<収録曲>
1. Silent Revenge
2. Lonely Fight
3. Deadly Vengeance
4. Walking To Death

5. Silence Will Make You Suffer
6. Shall I Keep On Burning ?
7. The Place That You Belong

8. The Scream Of An Angel
9. The Way It Is

10. Bleeding On My Regrets

<ラインナップ>
Iuri Sanson / Vocals
Abel Camargo / Guitars
Renato Osório / Guitars
Benhur Lima / Bass

Eduardo Baldo / Drums

<レビュー>
ブラジルのパワー/スピード・メタルバンド、ヒブリアの4thアルバム。
2013年リリース。

ギタリストが1人チェンジしています。

アルバムはヘヴィなリズムの “Silent Revenge” でスタート。グロウルのようなバッキング・ヴォーカルはこれまでのヒブリアにはなかった新要素。

このアルバムの私的ベスト・チューンは “Deadly Vengeance” です。前半は疾走感のあるパワー・メタル。キャッチーなサビが良いです。中盤スピードを落とし、ピアノが印象的なメロディアスなパートからギターソロを中心としたインストパート、そして再び前半のパワー・メタルパートに戻るという曲構成。

Walking To Death” はパワフルなドラムとスラッシュ風味のヘヴィなリフでスタート。サビはメロディアス。ギターソロも良い。

Silence Will Make You Suffer” はキャッチーなサビの歌メロが印象的な曲。

The Scream Of An Angel” はイントロから楽器陣が聴かせてくれます。サビではユーリ・サンソンが伸びのあるハイトーンで楽曲をドラマティックなものにしています。

Bleeding On My Regrets” は日本盤ボーナス・トラック。1stアルバム「DEFYING THE RULES」に収録されているようなタイプの曲で、メロディアスかつパワフルに疾走します。

ヘヴィさと攻撃性が増し、更に音楽性の幅が広がりました。サビの歌メロも良いですし、ヒブリアの進化を示した作品と言えるのではないでしょうか。

キングレコード
¥2,828 (2024/04/25 18:14時点 | Yahooショッピング調べ)
タイトルとURLをコピーしました