IRON MAIDEN 3rdアルバム「THE NUMBER OF THE BEAST」

ハヤブサギター IRON MAIDEN
HMV&BOOKS online 1号店
¥1,417 (2024/02/15 11:42時点 | 楽天市場調べ)

<収録曲>
1. Invaders
2. Children Of The Damned
3. The Prisoner
4. 22 Acasia Avenue
5. The Number Of The Beast
6. Run To The Hills
7. Gangland
8. Total Eclipse
9. Hallowed Be Thy Name

<ラインナップ>
Steve Harris / Bass, Vocals (backing)

Bruce Dickinson / Vocals (lead)
Dave Murray / Guitars
Adrian Smith / Guitars, Vocals (backing)

Clive Burr / Drums

<レビュー>
大英帝国が生んだ偉大なるメタルバンド、アイアン・メイデンの3rdアルバム。
1982年リリース。
邦題「魔力の刻印」

このアルバムからヴォーカルがポール・ディアノから元SAMSONのブルース・ディッキンソンに代わっています。
ブルースの主な特徴は声域の広さと表現力の高さです。ブルースに代わったことで楽曲の幅も広がり、一段上のメジャーなバンドになったという印象です(私はポール時代の2枚も同じように好きですよ!)
このアルバムをメイデンのベストアルバムに推す人も少なくありません。

Children Of The Damned” はメロディアスでドラマティックな曲。ブルースの本領発揮。

アルバムのタイトル・トラック “The Number Of The Beast” はライヴでも定番の人気曲。タイトルの割にはポップとも言えるキャッチーさで、サビの「Six! SixSix! The Number Of The Beast」はみんなが歌える。

Run To The Hills” は疾走感のある曲。リズミカルなドラムも聴きどころの1つです。

Gangland” は隠れた名曲と言えるかもしれません。
パワフルに疾走する曲。このアルバムで私が1番ノレる曲です。

このアルバムの私的ベスト・チューンはアルバムのラストを飾る “Hallowed Be Thy Name” です。メイデンの全ての曲の中でも最もドラマティックだと思う名曲です。この曲をメイデンのベストチューンに挙げる人も多いです。
「審判の日」という邦題が付いていますが、絞首刑の執行を目前にした囚人の絶望感、切迫感、恐怖が見事に表現されています。ブルースのヴォーカルも圧巻。
7分を超える長尺の曲ですが、最後まで緊張感は途切れません。

このアルバムはキャッチーな曲、ドラマティックな曲、疾走感のある曲がバランス良く収録されていますので、メイデン初心者の方はこのアルバムから聴いてみても良いかもしれません。
ちなみに “Total Eclipse” が収録されていないバージョンもありますので、購入をお考えの方はご注意を。

タイトルとURLをコピーしました