新日本プロレス Road to THE NEW BEGINNING 

ハヤブサプロレス プロレス

2024年2月5日 東京・後楽園ホール

<ルール>
団体戦(勝ち抜き方式)
10分1本勝負
時間切れ引き分けの場合は両選手失格
選手登場順は当日の入場曲で発表
大将 vs 大将となった場合は時間無制限一本勝負

L・I・J vs Just 5 Guys
<先鋒>内藤哲也 △ - △ SANADA<先鋒> 時間切れ引き分け
<次鋒>鷹木信悟 〇 - ● TAKAみちのく<次鋒>
<次鋒>鷹木信悟 △ - △ タイチ<中堅> 時間切れ引き分け
<中堅>BUSHI ● - 〇 DOUKI<副将>
<副将>高橋ヒロム △ - △ DOUKI<副将> 時間切れ引き分け
<大将>辻陽太 〇 - ● 上村優也<大将>

たまにはこういうのもいいよね。
注目すべきは大将戦が内藤 vs SANADAになるか、辻 vs 上村になるかだったが、今このタイミングで内藤とSANADAが決着をつける意味はない(2.24札幌でこの2人によるIWGP世界ヘビー級選手権試合が組まれているから)
やるなら辻 vs 上村だ。
これまでの2人の星のやり取りから考えて、勝敗の予想はしやすかったと言える。
だが問題は勝敗ではなく内容、そして今後の展開だ。

怪物感を漂わせる辻に比べてインパクトに欠ける上村。
試合内容でも完全に力負けした印象。
そんな上村の相手をさせられるのが嫌になったのか、辻は試合後、2.24札幌で上村との敗者髪切りマッチを要求。更に同じユニットのリーダーで、現IWGP世界ヘビー級チャンピオンの内藤にベルト挑戦をアピールする。
オカダ、オスプレイ、飯伏らがいなくなった今、令和闘魂三銃士が早くタイトルに絡まないと新日も厳しい。
先にIWGPのベルトを巻くのは辻か、海野か。
個人的には辻を推したい。

プロレス専門店バックドロップ
¥6,500 (2024/02/05 21:30時点 | 楽天市場調べ)

タイトルとURLをコピーしました