ワールドプロレスリングリターンズ 2024年1月26日放送

ハヤブサプロレス プロレス

WORLD TAG LEAGUE 2023 準決勝・優勝決定戦

2023年12月8日 鹿児島・霧島市まきぞのアリーナ
WORLD TAG LEAGUE 2023 準決勝
ヒクレオ、エル・ファンタズモ vs マイキー・ニコルス、シェイン・ヘイスト

パワーファイターのヒクレオと、スピード&飛び技で魅せるファンタズモのG.o.Dコンビは、それぞれが持ち味を発揮している良いタッグチームだ。
TMDKの方はちょっとインパクトに欠けるか。

2023年12月8日 鹿児島・霧島市まきぞのアリーナ
WORLD TAG LEAGUE 2023 準決勝
後藤洋央紀、YOSHI-HASHI vs アレックス・コグリン、ゲイブ・キッド

BULLET CLUB WAR DOGSコンビはもう少しインパクトを残して欲しかった。
私はあまり毘沙門が好きじゃないが、それは関係ない。
BC WAR DOGSは勝っても負けても荒々しさをアピールしないといけない。
じゃないとただの外国人選手の集まりにナッチャウヨ。

2023年12月10日 熊本・グランメッセ熊本
WORLD TAG LEAGUE 2023 優勝決定戦
後藤洋央紀、YOSHI-HASHI vs ヒクレオ、エル・ファンタズモ

タッグワークでは毘沙門、個々の能力ではG.o.Dが勝る。
人気はどちらが上なのかは知らないが、私は圧倒的にG.o.Dの方が好きだ。
お互いがこれまでの連戦による疲労と負傷を抱える中、40分を超える死闘を制したのは毘沙門。
エプロンから場外に置かれたテーブルへの消灯でヒクレオが戦線離脱し、ファンタズモが長時間ローンバトルとなってしまった。
ファンタズモも意地を見せたが、最後は後藤の奈落でスリーカウントを奪われた。
勝ったのは毘沙門だが、やはりインパクトを残したのはG.o.Dではなかろうか。
最後はお決まりのざんまいで締め。

この後1.4東京ドームでお互いが持つIWGPタッグとSTRONG無差別級タッグのベルトを賭けたダブルタイトルマッチを行い、G.o.Dコンビが勝利する。

タイトルとURLをコピーしました