プロレスリング・ノア ”THE NEW YEAR” 2024

ハヤブサプロレス プロレス

2024年1月2日 有明アリーナ
“THE NEW YEAR” 2024

第1試合 GHCジュニアヘビー級タッグ選手権 3WAYマッチ
ドラゴン・ベイン&アルファ・ウルフ vs YO-HEY&タダスケ vs ニンジャ・マック&アレハンドロ

華麗な飛び技も多く見られて大満足の試合。
ドラゴン・ベイン&アルファ・ウルフのメキシカンコンビも素晴らしかったけど、ニンジャ・マックのニンジャ・スペシャルには度肝を抜かれた。
最高の試合をありがとう。

第2試合 6人タッグマッチ International Sensation
ジェイク・リー&ジャック・モリス&アンソニー・グリーン vs イホ・デ・ドクトル・ワグナーJr.&ヴィニー・マッサーロ&タイタス・アレクサンダー

外国人選手全員良かったけど、中でもタイタス・アレクサンダーは頭1つ抜けていた。
ウィル・オスプレイほどではないにしても、期待大の選手。

第3試合 シングルマッチ NOAH vs NJPW
マサ北宮 vs 石井智宏

ゴツゴツのゴツゴツ。
難しい技なんか出さなくても、気持ちと気持ちのぶつかり合いで見ている者を魅了する。
マサ北宮も相手次第ではここまで輝くということを証明するかのような試合。
さすが名勝負製造機、石井。

第4試合 シングルマッチ NOAH vs NJPW
潮崎豪 vs 小島聡

“豪腕” 対 “剛腕”
試合内容は悪くなかったですよ。
ただ期待のラリアット対決はちょっと物足りなかった。
試合後、潮崎がTEAM NOAHの結成とともに「ノアを変える」と宣言。
メンバーは潮崎・齋藤彰俊・モハメド ヨネ・小峠篤司・Hi69。
うん、期待しないで見とく。

第5試合 タッグマッチ 愚零闘咲夜降臨
愚零闘咲夜&野崎渚 vs 梅咲遥&高瀬みゆき
ゲスト解説:武藤敬司

グレート・ムタの娘ですか。
きっと会場にはこういう試合が嫌いな人もいただろうな。
私?私はOKですよ。面白くはなかったけど。
ちなみに結果は愚零闘咲夜の反則負けです。

第6試合 シングルマッチ 佐々木憂流迦プロレスデビュー戦 Road to PRO WRESTLER
杉浦貴 vs 佐々木憂流迦

元UFCファイターの佐々木憂流迦。
朝倉海に顎の骨を折られた選手としてしか記憶にない。
相手の技を食らってはいけないMMA。
相手の技を食らわないといけないプロレス。
目の前の相手に勝たないといけないMMA。
試合を見ている人たちに勝たないといけないプロレス。
どちらも難しい。
ぜひ緊張感を醸し出せるプロレスラーになって欲しい。

第7試合 タッグマッチ WRESTLING SYMPHONY
ザック・セイバーJr.&小川良成 vs 棚橋弘至&HAYATA

新日本プロレスの社長に就任した棚橋。
NOAHのリングに上がって、今後ともよろしくといったところか。
肝心の試合だが、ザックは良かったけど全体的には平凡な交流戦になってしまった。
もっと緊張感が欲しかった。

第8試合 GHCジュニアヘビー級選手権試合
<王者>ダガ vs Eita<挑戦者>

決してレベルの低い試合ではなかったけど、ちょっとインパクト弱かったな。
期待の方が上回ってしまった。

第9試合 6vs6イリミネーションマッチ NOAH&NJPW vs HOUSE OF TORTURE
清宮海斗&海野翔太&大岩陵平&稲葉大樹&近藤修司&宮脇純太 vs EVIL&成田蓮&高橋裕二郎&SHO&金丸義信&ディック東郷

H.O.Tに興味はないけど、会場を盛り上げるのは上手い。
ベビーフェイス対ヒールはプロレスの基本だが、ヒールにこそ巧さが求められる。
H.O.Tにはそういう選手が揃っている。
成田の闇堕ちに文句のある人もいるかもしれないが、第2の柴田勝頼にはなれないと分かった以上、ヒールを学んで幅のあるレスラーになればいい。

第10試合 GHCヘビー級選手権試合
<王者>拳王 vs 征矢学<挑戦者>

試合順でひと悶着あったけど、今の新日より私好みの良い試合でしたよ。
ネームバリューでセミファイナルに甘んじたけど、試合内容はメインに圧勝。
試合後、潮崎がリングに上がり、ベルトを防衛した拳王に挑戦を表明。
しかし拳王は相変わらずしゃべりが下手だな。

第11試合 スペシャルシングルマッチ DESTINY 2024
丸藤正道 vs 飯伏幸太

天才同士の闘い、15年前に実現していたら極上の試合になっていただろう。
リング上で開始のゴングを待つ飯伏の頬には涙が流れる。
久しぶりに見た飯伏は少しぽっちゃりした様子。
体が重そうで、動きにキレがない。と思ったらケガしてたのね。
丸藤は十分に間を生かしたベテランならではのプロレスで会場の空気をコントロールする。
メインにふさわしい試合内容だったとは思わないけど、プロレスらしい期待感のあるカードではあった。
試合後ジェイク・リーと清宮がリングに上がる。
ジェイクはノアの舵を取ると高らかに宣言し、清宮もノアの中心に入っていくとアピール。このマイクアピール対決はジェイクの圧勝。
拳王も清宮もドラゲーにでも行ってしゃべりの練習してきたらどう?

¥28,260 (2024/02/02 12:18時点 | Yahooショッピング調べ)

タイトルとURLをコピーしました