MLB 2024 シーズン開幕前順位予想 ~ア・リーグ東地区編~

ハヤブサボール 2024
ハヤブサ右向き

ア・リーグ東地区は下記の5チームです。

ボルティモア・オリオールズ
ボストン・レッドソックス
ニューヨーク・ヤンキース
トロント・ブルージェイズ
タンパベイ・レイズ


2023年度の順位は↓でした。

2023年度順位 ア東
ハヤブサ右向き

私の予想はこんな感じでした。
・投手力のレイズ、打力のブルージェイズ、投打のバランスが取れたヤンキースの三つ巴
・4位レッドソックス
・5位オリオールズ
しかし、ビリ予想のオリオールズが1位とまさかの大外し。

投手力が高いと見ていたレイズですが、期待のジェフリー・スプリングスとドリュー・ラスムッセンが序盤で離脱 (後半にはエース、シェーン・マクラナハンも離脱)
それでもMLB最多記録に並ぶ開幕13連勝のロケットスタートで大きくリード。このまま優勝かと思われましたが、気付けばオリオールズが背後に迫っており、きっちりまくられました。

ヤンキースは先発陣が崩壊。野手もアーロン・ジャッジのケガやアンソニー・リゾ、ジアンカルロ・スタントンら主力の離脱&不調が重なりました。

それでは2024年度の順位予想です↓

1位 ブルージェイズ

ケビン・ゴーズマンが出遅れる可能性はあるものの、クリス・バシット、ホセ・ベリオス、菊池雄星が昨シーズンと同等の成績を残し、アレク・マノアーが復活すれば先発陣はなかなか強力。

ジョーダン・ロマノとエリック・スワンソンが開幕に間に合わない可能性があるが、他にもティム・メイザやイミ・ガルシアといった良いリリーフピッチャーいるので、ロマノとスワンソンが復帰すればロースコアの展開になっても勝てる。

レッドソックスからFAとなっていたベテラン、ジャスティン・ターナーを獲得したが、ターナーが昨シーズン並みの活躍をすれば得点力アップが望め、地区優勝も見えてくる。

2位 オリオールズ

先発ローテーション入りが予想されていたカイル・ブラディッシュとジョン・ミーンズが開幕に間に合わない見込みだが、当面の穴埋めは現有戦力で可能。

今シーズン全休の守護神フェリックス・バティスタの穴を埋めるべく、フィリーズのクローザー、クレイグ・キンブレルを獲得。イェニエル・カノを含めリリーフ陣にも大きな穴はない。

アドリー・ラッチマン、ガナー・ヘンダーソンら20代の若い選手が多い野手陣。打率・長打力など特筆すべき点はないものの、大きな穴もない。

3位 レイズ

エース、マクラナハンは今シーズン全休の見込み。ラスムッセンはシーズン終盤、スプリングスは夏頃に復帰か。今シーズンも先発陣は厳しい。

試合前半に高い得点力でリードし、ピート・フェアバンクス、ジェイソン・アダム、コリン・ポシェ、フィル・メイトン、ショーン・アームストロングといった好リリーフ陣に繋げたい。

4位 ヤンキース

絶対的エースのゲリット・コールが開幕に間に合わない見込み。カブスからFAとなっていたマーカス・ストローマンを獲得したものの、昨シーズン活躍できなかったカルロス・ロドンとネスター・コーテスが今年もイマイチだとかなりきつい。

リリーフ陣も数はいるが、果たしてどれだけ活躍するか。
打力で優勢に試合を進め、なんとかクローザーのクレイ・ホームズまで繋ぎたい。

フアン・ソトの加入で打力回復を狙う。ジャッジはまだしも、スタントンとリゾの出来(故障)次第で大きく状況は変わる。やってみないと分からないチームNo.1。

5位 レッドソックス

ただでさえ不安視される先発陣だが、先発ローテーション入りが予想されていたルーカス・ジオリトがケガにより離脱。
早めの継投で逃げ切りたいところだが、打力もそこまで高いとは言えない。

タイトルとURLをコピーしました